引き出物の選び方のルール

結婚式には欠かせない引き出物ですが、本来は「ゲストへのお土産品」という意味のあるものでした。



しかし今日ではお祝いに対するお返しの意味合いで用意する人が増えてきており、ゲストによって品物を変えたりすることも珍しくはありません。



引き出物と言ってもその品物は様々です。
食器類やインテリア雑貨、タオルなど非常に種類が豊富です。
これでなければならないというような定めはないので、予算であったりゲストの好みなどで選んであげれば良いのですが、そこには守るべきルールがいくつかあります。まず用意する個数ですが、割り切れる偶数は婚礼の場においては避けるべきだと言われているため必ず奇数個用意するというのがルールです。引き出物だけではなく引菓子や縁起物などと組み合わせても良いのですが、必ず総数が奇数になるように注意しましょう。
次に贈り分けです。
ゲストからいただいたお祝いに対するお返しの意味が強まってきていることから、立場が上の人にはある程度高い予算で品物を選び、友人などには手頃な予算のものを選ぶなどのいわゆる「贈り分け」ということをする人が増えています。



贈り分けは決して悪いことではありませんし、贈る相手に喜んでもらおうと思うのであれば、ゲスト全員同じものを用意するのではなく人によって分けるというのは良いことです。しかし準備する際には細心の注意を払わなければなりません。


予定とは違う品物を間違えて注文してしまったり、用意する個数を間違えてしまうなどの不手際があれば失礼にあたるので、注文してからセッティングするまでしっかり確認をするようにしましょう。